スペインのパルから教えてもらったスペイン語で

我が家を混乱に陥れたものがある。

Hoy ache mucho frio.(今日は寒い日です。)

ということは、英語と文法が同じだったから、

frio(フリオ)がcoldってこと?

あれ?フリオって、『クローザー』や『Major Crimes』に

でてくるメキシコ系の刑事、

彼の名前はフリオ・サンチェスだったけれど、

あのフリオは冷たい?

”冷たい”が名前なの?と疑問だった。

メキシコ系アメリカ人のコロラドのパルに先日、その話をした。

「フリオっていうのがドラマの中の役名なんだけれど、

frioって、coldでしょ?

それって、一般的なメキシコの名前なの?」と。

彼女はそのドラマを見たこともなかったらしいけれど、

”frio”なんて名前は変すぎる!と言う。

いや、でも、ドラマでは”フリオ”って、呼ばれてるわよ~!と言うと、

私が調べる!と調べてくれた。

「メイ!彼の名前はFrioではないわよ、Julioよ!」

あぁ~!!

そういえば、Japonはハポンでしたっけ…

jajajaもハハハと発音のスペイン語、

そうか、JulioのJは発音が違ったのか~!とようやくわかった。

ちなみに、意味はJuly(7月)、

7月生まれという設定の役なんだろう、と。

日本のさつきちゃんやメイちゃんのようなものですね。

ええ、私も5月生まれです…。

Julioはメキシコ系では一般的な男性の名前のようで、

彼女の知り合いにも数人いるらしい。

他にもAbril(April)もよくある名前、と聞き

それって、もしかして、アヴリル・ラヴィーンも?!と思って

調べてみたら、彼女の名前のスペルはAvrilでした。

名前というものがとても気になる。

夫の会社の男性、”修一”さん、といった具合に

名前に漢数字で一がついていると聞くと、

「じゃあ、弟さんはやっぱり”二”がついているの?」と

つい聞いてしまう。

「…知らんがな。」と夫には言われてしまいましたけれど。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村